冠詞を理解する 第17回 定冠詞の使い方②

みなさん、こんにちは。Chubby chopsです。
いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。

前回の授業ではまず、定冠詞”the”に関する次の大前提を頭に入れていただきました。

定冠詞とは、「あなたが知っているものについて話しますよ」という話し手から聞き手へのシグナルである。

そして、話し手はなぜ聞き手がそのものを知っていると判断するかというと、「既に話題に出たものだから」という理由をご紹介しました。

それでは今回も引き続き、定冠詞のお話をしたいと思います。

まずは次の状況を想像してみてください。

あなたの奥さんまたは旦那さんが外出中です。雨が降ってきたので、「駅まで迎えに行くよ」と電話で伝えようと思います。

あめ

このような場合には英語で、”I’ll pick you up at      station.”といいますが、
下線部には不定冠詞の”a”を入れますか、それとも定冠詞の”the”を入れますか。

また、不定冠詞を使ったときと定冠詞を使ったときではどのように意味が変わるのでしょうか?

まずは、定冠詞の”the”を使った場合を考えてみましょう。

話し手が定冠詞を使って”the station”と言った場合、「あなたが知っているstationですよ」というシグナルを聞き手に与えていることになります。

この場合に「聞き手がその”station”を知っている」と話し手が判断する理由は、「自宅の最寄り駅はひとつしかないから」もしくは「普段から迎えに行っている駅はひとつしかないから」、
“the station”と言うことで、話し手も聞き手も同じ”station”を想像できるのです。

このように「状況やお互いの持つ知識から判断してひとつしかないもの」を示す場合にも、定冠詞を用います。

では次に、不定冠詞を使って”I’ll pick you up at a station.”と言った場合、どんな意味になるでしょうか?

“a station”は「数多くある駅の中の、あるひとつの駅」という不特定な駅を指すことになりますので、奥さんまたは旦那さんはどの駅にあなたが迎えに来るのかが分かりません。

そのため、奥さんまたは旦那さんは、Which station?(どの駅?)とあなたに聞かなくてはいけないでしょう。

このように、聞き手がわざわざ”Which station?”と聞かなくてもいいように、話し手は定冠詞”the”を使うことで、「あなたが知っている”station”ですよ」とシグナルを出しているのですね。

シグナル

「既に話題に出てきたもの」ではなくても、今回の例文のように「状況やお互いの持つ知識から判断してひとつしかないもの」にも定冠詞を使うことができることを覚えておきましょう。

アバターでネイティブ講師と英会話。顔を出さないから気軽に受講。<1分7円>

◀◀◀前へ 次へ▶▶▶

補講に参加した生徒さんは下のボタンをクリックしてね!
参加したよ (6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>