冠詞を理解する 第2回 wineは数えることができる?

みなさん、こんにちは。Chubby chopsです。
いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。

1回目の授業では、sugar(砂糖)という名詞を例に挙げて、話し手がどのように対象を捉えているかによって可算名詞にも不可算名詞にもなるというお話をしました。

今回は、wine(ワイン)を例に考えてみましょう。

まずは、以下の文章を読んでください。
Wine makes me sleepy. (ワインを飲むと眠くなる)
Do you enjoy wine? (ワインは好きですか?)
Can I get you some more wine? (もっとワインをいかがですか?)
I drink alcohol but only wine and champagne. (お酒はワインとシャンパンだけ飲みます)
Gin and white wine are used in the sauce. (ジンと白ワインがソースに使われています)

話し手は上の文章ではいずれもwineを数えられないもの(不可算名詞)として考えています。ワインは液体なので、1つ、2つのように数えることは難しいからですね。
Uncountable wine

上で紹介した例文のようにwineを数えられないものとして考えたときに、wineの量を示したい場合は、”glass”や”bottle”という入れ物や容器を使って表現します。
John poured her a glass of wine. (ジョンは彼女にワインを1杯注いだ)
She brought a bottle of wine to the party. (彼女はパーティにワインを1本持ってきた)

パブやレストランでワインを注文する場合は、
Can I have a glass of white wine, please? (白ワインを1杯もらえますか)
Can I have two glasses of red wine, please? (赤ワインを2杯もらえますか)
この場合、glass(グラス)という単位でワインの量を表していますので、話し手はwineを数えられないものとして捉えていることが分かりますね。

また、

白ワインを1杯注文したい場合に、”a glass of~”という表現を使わずに
Can I have a white wine, please?という表現をする人もいます。

この場合、”a”(ある、ひとつの)という不定冠詞を使っていることから、話し手はwineを1つ、2つのように数えられるものとして考え、”a white wine”=”a glass of white wine”(白ワイン1杯)を意図しています。

グラスに入ったワインなら1つ、2つと数えることができますね。日本語でもレストランや居酒屋で飲み物を注文するときに「白ワイン1つと生中1つ」のように言うことがあると思います。
Countable wine

さらに、wineはグラスという容器に入った場合だけでなく、「ワインの種類」について話すときにも数えられるものとして捉えることができます。

例えば、日本語でも「カリフォルニアワイン」や「チリワイン」のように産出国でワインを区分することがありますが、その場合に英語ではワインを数えられるものとして考えることができます。(=複数形にもできる)
Chilean wines are superb.(チリワインは素晴らしい)
=different kinds of Chilean wine
It isn’t impossible to find a delicious Italian wine for under ten Euros.
(10ユーロ以下で美味しいイタリアンワインを見つけるのは不可能ではない)

ワインといえば液体なので=不可算名詞と考えてしまうかもしれませんが、sugarと同じように、話し手のイメージによって可算名詞になったり、不可算名詞になったりするということを覚えておきましょう。

**********************************************************************************

☆英文のネイティブチェックを受けてみませんか?

 

英語のネイティブスタッフが卒論や修論、ビジネスメールなど

あなたの英文を丁寧に添削・校正いたします。

 

詳しくはこちら:www.jmtranslationservice.com

***********************************************************************************

◀◀◀前へ 次へ▶▶▶

補講に参加した生徒さんは下のボタンをクリックしてね!
参加したよ (8)

冠詞を理解する②” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>