冠詞を理解する 第3回 coffeeとteaは数えることができる?

みなさん、こんにちは。Chubby chopsです。
いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。

前回の授業では、wine(ワイン)という名詞を例に、数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)についての考え方をご紹介しました。

今回はまず初めに、みなさんに質問をしたいと思います。

【質問】
“Can I get you a coffee?”という文章は文法的に正しいですか。
正しい場合、話し手は”coffee”を数えられるものとして考えていますか、数えられないものとして考えていますか。また、上の文章はどのような意味になりますか。

【正解】
“Can I get you a coffee?”は文法的に正しい文章で、話し手は”coffee”を数えられるものとして考えています。また、文章の意味は「コーヒーを1杯いかがですか」になります。

【解説】
前回の授業で解説した通り、話し手のイメージによって”wine”は可算名詞にも不可算名詞にもなるということを理解された方は正解されたと思います。

“Can I get you a coffee?”の「コーヒー」は”a coffee”となっているように、「ある、ひとつの」という不定冠詞”a”が使われていることから、話し手は”coffee”を数えられるものとして捉えていることが分かります。

「コーヒーは液体だから不可算名詞で、不定冠詞の”a”をつけるのは文法的に間違い」と考えた方は前回の授業を復習してください。

では話し手は、”a coffee”と言うことでどのようなイメージを抱いているのでしょうか?

もうすでにお分かりの方も多いと思いますが、下の写真のようなイメージですね。
Countable coffee

つまり、”a coffee”=”a cup of coffee”になります。

ですから、パブやレストランでワインを注文するときと同じように、カフェでコーヒーを注文する場合にも「カップに入ったコーヒー」=”a coffee”と考えることで、
Can I have a black coffee, please? (ブラックコーヒーを1杯いただけますか)
複数であれば、
Two black coffees, please. (ブラックコーヒーを2杯お願いします)
のように注文することができますね。

tea(紅茶)も同じように、「カップに入った紅茶」=”a tea”と考えるならば、
Can I have a tea, please? (紅茶を1杯いただけますか)
もしくは、
Two teas, please. (紅茶を2杯お願いします)
と言うことができます。

一方、話し手がcoffeeやteaを数えられないものとしてイメージした場合は、
Would you like tea or coffee? (紅茶かコーヒーはいかがですか)
もしくは、
“a tea”や”a coffee”と言うかわりに、
Would you like a cup of tea or coffee? (紅茶かコーヒーを1杯いかがですか)
のように”a cup of~”という表現を用いて、teaやcoffeeの量を表します。

また、以下の文章でも話し手はcoffeeやteaを数えられないものとしてイメージしています。
Tea and biscuits will be provided at 3pm. (紅茶とビスケットが午後3時に出されます)
Let’s talk over coffee. (コーヒーを飲みながら話しましょう)

コーヒーや紅茶といえば、液体なので=「不可算名詞」と決めてしまって覚えている人が多いと思いますが、前回紹介したワインと同じように、話し手のイメージによっては「可算名詞」にもなるということを覚えておきましょう。

***********************************************************************************

☆英文のネイティブチェックを受けてみませんか?

 

英語のネイティブスタッフが卒論や修論、ビジネスメールなど

あなたの英文を丁寧に添削・校正いたします。

 

詳しくはこちら:www.jmtranslationservice.com

***********************************************************************************

◀◀◀前へ 次へ▶▶▶

補講に参加した生徒さんは下のボタンをクリックしてね!
参加したよ (9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>