シャドーイングって何?

こちらは以前アメブロでご紹介したシャドーイングに関するまとめのページです。

今日は、英会話初心者の方のためにスピーキングの練習方法をご紹介します。

最近はオンライン英会話がちょっとしたブームのようで、スカイプで英会話のレッスンを提供している会社がたくさんありますね。

でもそういったオンライン英会話は外国人講師(主にフィリピン人)とのマンツーマンレッスンなので英会話初心者の方にはハードルが高いと思います。

そこで、英会話をこれから始めたい方や始めたばかりの方におすすめしたいのが「シャドーイング」と呼ばれる練習方法です。

シャドーイングは英語でshadowingと書くのですが、“shadow”とは「影」のことです。つまり、聞こえてくる英語の音に影のようについて声に出すという練習方法です。

実はこのシャドーイングは通訳の訓練としても使われている方法なので、中級以上の方にもおすすめできる練習方法です。

私がシャドーイングしたものを録音していましたので、参考までにお聞きください。

それでは具体的にシャドーイングはどのように行うのかをご紹介しましょう。

①まずテキストを見ずに音声を聞きます。
②次に音声を聞きながら自分でもつぶやいてみます。(このときに、はっきりと発音する必要はありません。聞きとれた音だけを音声に遅れないようにつぶやきましょう)
③聞き取れなかった部分や意味をテキストを見て確認します。
④もう一度音声を聞きながら、今度ははっきりと発音します。
(リズムやイントネーションも真似するようにしましょう)

これは一度やったからといって効果が出るものではありません!

テキストを見なくてもスラスラ真似できるようになるまで、何度も繰り返し練習することが大切です。

何度も真似することで英語のリズムやスピードに慣れるので、スピーキングだけでなくリスニングの練習にもなりますよ。

このシャドーイングを実践するためには、音声付きのテキストが必要です。

中級以上の方にはBBC Learning EnglishWords in the newsのコーナーがおすすめですが
初級の方には少し難しいかもしれません。

私は日本で英会話教室などに通ったことはありませんでしたので、『決定版 英語シャドーイング』で練習をしました。

この本はシャドーイングの方法について、一から解説してくれています。

CD付きで、リスニングのレベルはゆっくりなものからネイティブレベルまで
徐々にレベルアップしていきます。

この1冊を徹底的に取り組むと、英語のリズムやスピードに対する抵抗が少なくなりますよ。

オンライン英会話はちょっと無理・・・という方はまずはシャドーイングから始めてみましょう。

シャドーイングに挑戦してみる【 レベル1】

 

補講に参加した生徒さんは下のボタンをクリックしてね!
参加したよ (1)