【動画で学ぶ】英語の発音と発音記号を学ぶ~ネイティブの発音をマスター

 英語の「音節」って何?

中学や高校の英語のテストで「以下の単語は何音節か答えなさい」という質問に苦しめられた人は多いのではないでしょうか。

英語ネイティブに同じ質問をした場合、彼らは必ずこの質問に答えることができます。

それほど英語ネイティブにとって「音節」とは自然なものなのですが、そもそも英語の「音節」とは一体何なのでしょうか?

英語のお話をする前に、まず日本語を考えてみましょう。

日本語を発するときの最少単位は、「拍」と呼ばれるものです。音楽で1拍、2拍といわれる「拍」のことですね。日本語は基本的に1文字が1拍として発音されますので、音符で表すと以下のようになります。

「が」や「だ」などの濁音、「ぱ」や「ぽ」などの半濁音、小さな「ゃ・ゅ・ょ」がついた「きゃ」や「きゅ」なども1拍です。

一方、「ー」という長音や、「がっこう」などの小さい「つ」はそれぞれ1拍として数えますので、「スーパーマーケット」という単語であれば、「ー」や「ッ」もそれぞれ1拍として数え、9拍になります。

このように「拍」を最少単位として発音する日本語に対して、英語は「音節」というものを最少単位として発音します。英語で「音節」のことをSyllable(シラブル)と呼ぶのですが、1拍が日本人にとって1つの音として感じられるように、シラブルは英語話者にとって1つの音だと感じる単位のことです。

では、そのシラブル(音節)はどのように構成されているのでしょうか。

基本的にシラブルは、母音を中心としたまとまりです。つまり、単語の中にいくつ母音があるかを数えれば、何音節かが分かるのです。具体的な単語で考えてみましょう。以下の単語はそれぞれ何音節か分かりますか?母音の数を数えてみてください。

①that ②dessert ③tomato ④environment

①1音節 【that】
拍を基本とする日本人からすると、thatは「ザット」と発音され、音が3つあるように感じられますが、母音は”a”のひとつだけなので、英語話者にとってthatはひとつの音として感じられます。”t”などの子音が単体で音節を成すことはありません。

②2音節 【des-sert】
すでに日本語としても「デザート」と言われ、日本語の「デザート」は4拍なのですが、 英語のdessertには母音の”e”が2つあるだけなので2音節です。

③3音節 【to-ma-to
“o”が2つ、”a”が1つで合計3つの母音がありますので、3音節になりますね。

④4音節 【en-vi-ron-ment】
このような長い単語は日本人にとって難しいかもしれませんが、母音の数を数えると4つしかありませんので4音節になります。

先ほど、日本語で「スーパーマーケット」は9拍だと言いましたが、英語のsupermarketは何音節になるでしょうか。

supermarketに含まれる母音は4つなので、【 su-per-mar-ket 】という4音節になります。つまり、日本人にとって9つの音に感じられるこの単語は、英語ネイティブにとっては4つの音に感じられるということです。英語ネイティブは、この4音節より小さな単位で発音することはできません。

【日本語】

【英語】

su per mar ket

このように、日本語と英語では発音の基本となる最少単位が異なります。上を見ていただくと分かるように、supermarketを日本語式で発音した場合、英語とは全くリズムが違いますね。その場合、英語話者にとっては全く別の単語のように聞こえてしまうのです。

「音楽をやっている人は英語が上手い」とよく言われますが、ミュージシャンは耳がいいからというだけではなく、リズム感があるからですね。彼らは英語の音節を感じとり、自分でもそれを真似することができるのです。英語はリズムが命です。英語話者のリズムに注目し、自分でも真似するようにしましょう。

さて、以上が基本的な音節の数え方なのですが、いくつか例外がありますのでご紹介します。

例外①母音が発音されない場合(silent vowel)、1つの音節として数えない。
例えば、日本語でいう「ケーキ」は英語でcakeですが、最後の”e”は発音されませんので「ケイク」(発音記号:keɪk)という発音になります。その場合、この”e”は1つの音節とならず、”a”だけを母音とみなすのでcakeは1音節となります。
その他にも、take, bike, hike, like, hopeなどの最後の”e”は発音されない”サイレントe”なので、これらの単語は全て1音節になります。

また、”ed”で終わる形の形容詞も”サイレントe”を含むことがあります。例えば、「チェック(柄)の」という意味の形容詞”checked”は、【 tʃekt 】という発音になり、”ed”の”e”は発音されませんので母音は1つということになり、1音節です。
その他にも、packedやmarkedは”サイレントe”を含む1音節の形容詞です。

例外②二重母音(diphthong)は1つの音節として数える。
pieという単語には、スペルでは”i”と”e”という2つの母音が含まれていますが、発音記号は【 paɪ 】となり、”aɪ”の部分は二重母音(diphthong)と呼ばれる1つの母音です。ですから、発音的にはpieには母音が1つしか含まれませんので、音節も1つとなります。
その他にも、boat, tour, near, breakなどは1つの二重母音を含むので、音節は1つです。
二重母音について詳しくはこちらをお読みください。

例外③長母音(long vowel)は1つの音節として数える。
learnという単語には、スペルでは”e”と”a”という2つの母音が含まれていますが、発音記号は【 lɜːn 】となり、長母音と呼ばれる1つの母音”ɜː”しか含まれていません。ですから、learnは1音節になります。
その他にも、see, thought, group, blue, eatなどは1つの長母音を含むので、1音節です。
長母音について詳しくはこちらをお読みください。

例外④同じ母音が2つ続く場合は、1つの音節として数える。
bookやlookといった単語には、母音の”o”が2つ並んでいますが、発音上では”oo”のところは【 ʊ 】という1つの母音で表されますので、音節は1つになります。

例外⑤”y”が母音として発音される場合は、1つの音節として数える。
fryという単語の発音記号は【 fraɪ 】となり、”aɪ”という二重母音が1つ含まれるので1音節として数えます。
その他にも、try, cry, dryなどは1つの二重母音を含む1音節の単語です。


補講に参加した生徒さんは下のボタンをクリックしてね!
参加したよ (1634)